歯科用マイクロスコープ導入|飯塚市の歯医者

ブログ

歯科用マイクロスコープ導入

みなさん、こんにちは。
当院は 「 歯科用マイクロスコープ ( 顕微鏡 ) カールツァイス ピコモラー 」 を導入しました。

実は、歯医者で使用するマイクロスコープは高額な機械のため、僕は 導入することを躊躇していました。
ですが、いろんな先生のマイクロスコープを導入したところなどをみると、僕はマイクロスコープの導入が遅くなったことを後悔しました…。

「 なんでもっと早く導入しなかったんだ! 」

そこには肉眼で決して見ることができない高倍率ならではの世界が広がっていたからです。

マイクロスコープによる精密治療を行うと、肉眼の24倍程度に拡大して見ることができるため 「 より正確で! より精密に! そしてより安全に! 」 質の高い歯科治療を行うことが可能になります。

マイクロスコープは、眼科、心臓外科、脳血管外科などでは常識のように使用されていますが、歯科業界は、ここ数年で増えはじめてきたばかりです。

マイクロスコープによる歯科治療は 「 虫歯治療、根管治療、歯周病治療、口腔外科、インプラント 」 など、いろいろな分野に応用することができます。

アメリカでは、根管治療専門の歯科医師のうち 95% はマイクロスコープを使用していますが、日本は遅れており 全体の5%程度 しかマイクロスコープを導入していないのが現状です。

また、同時にビデオ撮影もできるため、どんな治療をされたか患者さんと一緒に見ることもできます。

安心、安全、正確な治療が提供できるように日々がんばります!

それでは、また。